リフォームで防音性を高めることはできる?

防音リフォームについて考えてみよう

防音リフォームにトライ!

「防音とは何ですか?」と聞かれてほとんどの人が「音が外に漏れないように防ぐこと」と答えるのではないでしょうか? 私もそう思っていました。 あなたはどうでしたか? 「防音」という言葉にはいくつかの意味があるようです。 一緒に防音の意味について考えてみましょう。

防音の定義って何だろう?

あなたは引っ越しはしたことありますか?
人生の転機には引っ越しが訪れることが多いと思います。
進学・就職・結婚などなど。
そんな時に家を選ぶ基準は何ですか?
駅から近い所ですか?
それともスーパーが近い所ですか?
エレベーターがあるマンションですか?
オートロックがついている所ですか?
色んな家選びの選択肢の中に、「音」については入っていますか?
なかなか音を考えて家を選ぶ人は少ないですよね。
車には試乗車がありますが家にはお試しはありません。
そのせいか音の確認はできにくく、選ぶ基準から外れてしまいます。
よく聞くこういう話があります。
「いい場所だと思って引っ越しをしたけれど、隣の家の生活の音や上の階の足音が聞こえてうるさい」という言葉です。
しかし、簡単に次の場所に引越すことはできません。
なぜなら、引っ越しにかかる敷金、礼金、仲介手数料に前家賃と考えると何万円もかかります。
引っ越したばかりでまた引っ越しは金銭的にも体力的にも大変ですよね。
しかしこのまま音がうるさいのも嫌ですよね。
ではどうしますか?
音が小さくなれば一番いいですよね。
そこで考えるのが防音対策です。
防音対策といっても様々な対策があると思います。
毎日耳栓をして生活…不可能ではないですが嫌ですよね。
出来るのは壁や床、天井などに対策を行い、音そのものを小さくしたりなくしたりすることです。
自分で出来る防音リフォーム、業者に頼む防音リフォーム。
リフォームについて考えてみましょう。

静かな生活を手に入れるために

音に関する悩みの多くは隣に住んでいる人の音が聞こえたり、上に住んでいる人の足音が聞こえたりすることではないでしょうか? その時に、ただ「うるさいな」と思うのだけでなく対策をすることで、静かな生活を得る事が出来ます。 どんな対策があるのか考えてみましょう。

壁や床以外の防音は?

家にピアノがあるお家は少ないかと思いますが、もしピアノを家に置くことになったら防音はどうしますか? 壁と床の防音で完璧でしょうか? きっとピアノなどの楽器類の音は通常の生活音と違い壁や床の防音だけでは完ぺきではないと思います。 では、どういった防音が適切なのでしょうか? 考えてみましょう。

TOPへ戻る