防音リフォームについて考えてみよう

>

防音リフォームにトライ!

防音の意味は何でしょうか

「防音」を調べてみると4つの意味があります。

1つ目は「吸音」。
吸音は壁などの素材によって音を吸収することによって行う防音です。

2つ目は「遮音」。
遮音は壁などの素材によって音を跳ね返すことによって行う防音です。

3つ目は「防振」。
防振は壁などの素材によって音の振動を減らし極限まで小さくする防音です。

4つ目は「制振」。
制振は音を吸収し、それによっておこる別の音を出さないようにする防音です。

防音対策を考える時には、この4つの防音のどれが適切なのかを見極め、対策に合った防音をしましょう。
防音を防ぐためのリフォームが出来るのを知っていますか?
簡単な対策は自分で施工することも出来ますが、大がかりなものは、やはり業者に頼む必要があるかと思います。
次ページからはどこにどんな防音リフォームが出来るのかまとめてみました。

あなたの音に関する悩みは何ですか?
防音リフォームをすることで快適な生活を手に入れましょう。

防音の使われている場所は?

「吸音」でよくある場所は、カラオケ屋さんの部屋や、コンサート会場などです。
カラオケ屋さんはドアを閉めるとかなり音が小さいですよね。
あれは壁が音を吸収しています。

「遮音」でよくある場所は、ピアノのある部屋や、音楽スタジオなどに行われている防音はこれにあたります。
ピアノを弾いていると音が跳ね返るのが分かりますよね。

「防振」でよくある場所は、集合住宅の下の階の部屋に音が聞こえないようにしているものです。
一番今回の悩みに大いのがこの防振の事ではないでしょうか。

「制振」でよくある場所は洗濯機などのガタガタ音です。
洗濯機は制振をしていることで小さくなっています。
制振をしていなければ、もっと大きな音がしているという事です。


TOPへ戻る