防音リフォームについて考えてみよう

>

壁や床以外の防音は?

部屋を丸ごと防音ルーム

ピアノなどの楽器を演奏する部屋では防音設備がないと近所迷惑になります。
その場合、その部屋を丸ごと防音できるようにリフォームする必要があります。
このリフォーム方法は、部屋の中に部屋を作り、部屋と部屋の隙間の空間を作り音を伝わる元を断ちます。
リフォームの金額は部屋の広さなどによっても差はありますが、150万円から1000万円ほどかかります。
また木造住宅より鉄筋コンクリート住宅の方が少し安いようです。
このリフォームの施行に関しては業者に頼む必要がありますが、頼む場合は十分に検討して下さい。
安い業者は防音対策に不備が施行後にある場合があります。
また、管理会社に頼んで紹介してもらうと中間マージンなどをとられ、逆に割高になる場合があるので、相談くらいにして最後は自分で探す方がよいでしょう。

簡易的防音ルーム

お部屋を丸ごと防音ルームにするのも良いですが、プレハブ小屋や、簡易サウナみたいに、防音ルームもあります。
ピアノの場合はピアノと人が1人から2人入るくらいの小さな部屋を家の中に作ります。
イメージとしては、部屋の中に、もう一つ部屋がある感じです。
この場合、先ほどの丸ごと防音ルームに比べると値段も安いですが、部屋が狭く感じてしまうのが欠点です。

趣味や習い事の上達の為の投資と考えればいいのでしょうが、けっして安くはないので、よく考えて決断しましょう。

様々な防音対策ですが、自分に合った内容はあったでしょうか?
防音リフォームが生活の潤いになれば幸いです。
快適な生活の為に「音」について改めて考えてみてください。


TOPへ戻る